So-net無料ブログ作成
検索選択
アドラー心理学? ブログトップ

そりゃあ つらいですよね←→つらかったんですね [アドラー心理学?]

課題の分離の話はずいぶん前に書きましたがタイトルにあるこの言葉

そりゃあつらいですよね



つらかったんですね

って,微妙に,いや結構違います。

そりゃあつらいですよね,は,課題の分離が不十分な感じ
話の聞き役が話し手のつらさを引き受けてる感じがあります。

つらかったんですね,は,課題の分離ができている・・・
聞き役は相手のつらさに共感しつつも引き受けてはいない
そのつらさはあなたのもので,私には味わうことはできないが
つらかった,ということはわかると思う。そんな感じでしょうか。

共感

について,考えてしまう。

聞き役は相手のつらさをわがことのように感じつつ
それを二人で並んで眺める客観も必要な気がする。

相手の目で見,相手の耳で聞く。
相手の目で見て感じていることをもう一つの目で見る自分がいる。
相手の耳で聞き自分の心を実験台にし,心がどのように動くか観察する自分がいる。
そんな感じなのでしょうか。

タグ:共感
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
アドラー心理学? ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。